はじめてのメキシコ蒸留酒 | 酒商金右衛門|オンラインショップ

メキシコ蒸留酒とは?

メキシコの蒸留酒類であるテキーラやメスカル、ソトル、ライシージャ、バカノラなど「Agave(アガベ)」を原料とする原産地呼称のスピリッッのことです。

テキーラの原料は「アガベアスル」

テキーラの原料はサボテンであると誤解されることが多いですが、サボテンとは無関係の植物「アガベアスル」が原料です。

アガベアスルを原材料とするメキシコ原産の蒸留酒。

CRT(テキーラ規制委員会)によって厳正に管理され、テキーラに関するメキシコ公式規則(NOMT)を満たしたものだけが「テキーラ」と呼ばれています。

テキーラの樽熟成期間

樽熟成の期間を大別すると4つに分類される。

1.ブランコ
(プラタ、シルバーなどの呼び名もある)
樽熟成をしないもの。もしくは60日以内のもの。

2.レポサド
樽熟成期間:2ヶ月~1年未満

3.アネホ (アニェホ)
樽熟成期間:1~3年未満

4.EXアネホ (エクストラアネホ/アニェホ)
樽熟成期間:3年以上

その他.クリア
レポサド、アネホ、EXアネホを特殊なフィルター等でろ過することにより脱色、透明にしたもの。

グラスで飲むテキーラ

近年、テキーラは高品質になり、甘さや豊かな香りなどが際立ち、飲み方にも変化が生まれてゆっくりと香りを楽しみたい人が増え、シャンパングラスでストレートで飲む傾向があります。


CRT公認リーデル社のテキーラグラスをサイト内で購入可能になっています。

※画像をクリック

メキシコ蒸留酒の種類

▶ソトル

ソトルはメスカルに似たメキシコの蒸留飲料です。
テキーラやメスカルと同じ仲間であるアガベ種とよく間違われますが、アガベ種ではありません。

※詳しくは画像をクリック

▶ライシージャ

今でこそ、ライシージャは原産地呼称ですが、昔(1992年)までは密造酒として売られていました

※詳しくは画像をクリック